【ユニクロのフリースでOK】ノースフェイスのマウンテンライトジャケットに連結させてみた

ファッション
スポンサーリンク
※本ページはプロモーションが含まれています

どうも40代ヨンロクです(@yonrokublog)流行りすたりがなく、経年劣化しない、ずっと長く使い続けられる大人のファッションアイテムを紹介しています。

ノースフェイスのマウンテンパーカーにユニクロのフリースが連結できるらしいのですが、本当ですか?サイズは合うの?着心地はどうなの?

そんな疑問にお答えします。

ザ・ノースフェイスのアイテムの中には、「ZIP IN ZIP SYSTEM」が搭載されているモデルがありますよね。

ジップインジップシステムとは?

ジップイン各シリーズ対応のアウターウエアとミドルレイヤーを
専用ファスナーなどによって、連結・一体化ができるシステムのこと。
気温やアクティビティに合わせて自由に組み合わせることができます。
春・秋シーズンはそれぞれ単体で使用し、寒い冬シーズンではフリースやダウンをライナーとして連結。
機能の相乗効果を高め、フィールドの幅を広げると同時に長い期間着用可能になる。

連結できることで、脱ぎ着も楽になるノースフェイスの独自のシステムです。

ノースフェイスのアイテムしか連結できないのでは?と思いがちですが、

実は、ファスナーの規格さえ同じであれば連結は可能

そうそう、ユニクロのフリースでも連結できるみたいなんです

そこでこの記事では、

5シーズン目に突入した筆者のマウンテンライトジャケットが、

本当にユニクロのフリースにうまく連結できるのか

ジップや袖の長さは合うのか、またその着心地について詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 連結できるユニクロのフリースはどれ?
  • 連結させるやり方
  • 連結するときのサイズ選び
  • 連結したときの着心地
  • 連結するデメリット
スポンサーリンク

純正のジップインジップアイテムは

できるならザ・ノースフェイスの純正アイテムで連結させて最高のパフォーマンスを手に入れたいところですが、

ジップインジップできるフリースの「ジップインバーサミッドジャケット」の価格は、¥22,000(税込)

ジップインジップできるインナーダウンで、フード収納で袖も取り外しできる「ジップインサニーヌックジャケット(メンズ)」の価格は、¥41,800(税込)なんですよね。

欲しいけどけっこうお高い、、、、

そこでユニクロの出番です。

今や日本を代表するファストファッションブランドとなったユニクロの低価格でありながら高品質のフリースが、ノースフェイスのジップインジップに連結することが可能なんです。

連結できるユニクロのフリース

ユニクロはいろんなフリースジャケットを発売していますが、

ノースフェイスのジップインジップ搭載モデルに連結できるユニクロのフリースは、

ファーリーフリースフルジップジャケット(長袖)」のみです。

ブランドUNIQLO
商品名ファーリーフリースフルジップジャケット(長袖)
商品番号460329,450198
素材100% ポリエステル
サイズ展開XS・S・M・L・XL・XXL・3XL・4XL
※XS・XXL・3XL・4XLサイズは、オンラインストアのみでの取り扱い
原産国インド, カンボジア, ベトナム
公式価格¥2,990(税込)

3000円以下で買えるのは嬉しい🎵

筆者はセールのときに購入したので、1000円割引¥1,990で買えました。

ノースフェイスの純正ジップインジップ搭載のフリースの10分の1の価格ですねw

カラーは、筆者のマウンテンライトジャケットはブラックなので、同じブラックのほうが馴染むと思いますが、

連結させたときの状態がわかりやすいように「01 OFF WHITE」を購入しました。

サイズはゆったり目に着たかったので「XLサイズ」にしました。

落ち着いた色合いですのでこの色もいいですよね。

このふわふわ感、肌触りも本当にいいですし、かなりあったかいフリースです。

この品質が2000円以下で買えるなんて、ユニクロさんに脱帽ですね。

ファスナーの規格は、YKKの「VISLON YKK 5VSH」。

この規格のファスナーならノースフェイスのジップインジップに連結できるわけです。

連結させるやり方

では連結させてみます。

袖をある程度通す

まず袖を通していきます。

反対側の袖も通していきます。

袖先まで通さなくてもだいたい通しておけば大丈夫です。

ファスナーを連結させる

右側のファスナーから連結させていきます。

しっかりとはめて、

するするっと上にあげていきます。

非常にスムーズです。

1センチ未満ですが、フリース側のジップが少し余りました。

でも、ほぼ気にならないレベルですね。

続いて左側のファスナーも連結させていきます。

こちらはファスナーの引き手が内側になるので、ちょっと閉めにくいですね。

こちらも若干フリース側のジップが余りました。

袖を先まで通す

袖を先まで通します。

長過ぎることも短過ぎることもなくちょうどいい長さになりました。

ジップインジップ連結完了

異なるブランド同士ですが、仲良くタッグを組み、

マウンテンライトジャケットLサイズファーリーフリースフルジップXLサイズの連結完了です。

連結するときのサイズ選び

この連結を試された他の人の情報を調べると、

マウンテンライトジャケットのサイズより1サイズ大きいユニクロのファーリーフリースがちょうどいいという情報が多いようです。

ただここで注意して欲しいことは、

2018年に筆者が購入したマウンテンライトジャケットから現在はサイズ感が若干変更されている点です。

2022年秋冬シーズンよりサイズ感を見直し、身幅をハーフサイズ大きくし、よりバランスよいサイズ感にアップデートしました。

引用:ゴールドウィン公式ページ
サイズ着丈身幅裄丈
S7157→5984→85
M7359→6187→88
L7561→6390→91
XL7763→6593→94
XXL7965→6796→97
(単位/cm)

身幅が2cm、裄丈が1cm大きくなってます。

しかしファスナーの長さに影響する着丈の変更はないようなので、問題はないかと思いますが、気になる人は店舗で実際に連結させてみて確認してくださいね。

以上マウンテンライトジャケットLサイズと、ファーリーフリースXLサイズを連結させると、

  • フリース側の方のジップが1センチ弱余る
  • 袖口の長さはちょうど良い
  • アームホールのだぶつきもない

という結果になりました。

連結させた着心地

それでは気になる着心地はどうでしょうか。

筆者データ

身長177cm 体重61kg 普通〜やや痩せ型体型

羽織ってみた感じ。

袖通しの引っ掛かりもそれほどなく、非常に暖かいですね。

フロントジップを閉めても、窮屈感や着膨れ感もあまりありません。

ファーリーフリースの襟が高めで、首元を包んでくれるので

首元が寒くなりがちなマウンテンライトジャケットの弱点をうまく補ってくれているように感じます。

インナーには、ヒートテック、裏起毛スウェットだけで摂氏0℃の真冬の寒空で着用しましたが、

めちゃめちゃあったかい!

かなりの保温性と防寒性が確認できました。

マフラーやネックゲーターなどわざわざしなくても、首元もしっかりあったかいので快適に過ごせました。

マウンテンライトジャケットとファーリーフリースジャケットの組み合わせ、

真冬でもこれはかなり使えるのでないかと感じます。

連結させるデメリット

念の為、連結させるデメリットもお伝えしておきます。

マウンテンライトジャケットの内ポケットが使えなくなる

マウンテンライトジャケットの左の内ポケットが隠れるので使えなくなります。

しかしファーリーフリースのほうにはジッパーはないものの左右に大きめの内ポケットがあるので支障にはならないかと思います。

脱ぐ時に工夫が必要

残念ながらユニクロのファーリーフリースジップジャケットには、

ノースフェイスの純正ジップインジップアイテムのように、袖口と襟元を連結させることはできないため、

何も考えずに脱ぐと、袖が裏返しの状態になって出てきます。

なので反対の指で、フリースの袖口を抑えながら、腕をそ〜っと抜くという工夫が必要になります。

フリースだけ使いたいときに面倒になる

ちょっと寒くなってきたからフリースだけ羽織りたいとき、

また、

寒い外から屋内に入ったときなど、フリースだけ着ておきたいときは連結を外す必要があります。

そこまで手間ではありませんが、ちょっと面倒ですよね。

それなら最初から連結させずにそのまま着るという方法もあります。

まとめ

以上、マウンテンライトジャケットにユニクロのファーリーフリースフルジップジャケットを連結させるについて解説しました。

  • 連結できるのはファーリーフリースフルジップジャケット(長袖)
  • ノースフェイスの1サイズアップのフリースを選ぶ
  • フリース側のジップが1センチ弱余るが気にならない
  • 弱点の首元の暖かさを補ってくれる
  • 脱ぐ時は多少の工夫が必要

個人的には、2000円以下でジップインジップ機能を体感できること、

着心地も悪くなく、首元が暖かくなるので全然ありだと感じました。

購入前の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました