【超簡単】10秒でできる!Macでスクリーンショットの解像度を上げる方法

ブログの知識
スポンサーリンク
※本ページはプロモーションが含まれています

スクリーンショットをブログに貼り付けているけど

なんか画像が荒くて見えにくいんです、、、

ブログで記事を書くときに、画像をよく貼り付けますよね。

普通の画像ならきれいに貼り付けれるのに、なぜかスクリーンショットで撮った画像を貼り付けると文字が潰れたり、見えにくかったり、全体的に解像度が低い画像になります。

この記事では、Macでスクリーンショットの解像度を上げる方法をわかりやすく説明します。

設定をするのは、わずか10秒ほどで簡単にできますので、すぐにやってみましょう。

スポンサーリンク

デフォルト状態の画質を確認する

まずデフォルトの状態を確認しておきましょう。

システム設定を選択する

①アップルマーク > ②システム設定 をクリックします、

ディスプレイを選択

①ディスプレイをクリックすると、ディスプレイがデフォルトになっています

サイズを変更する

「スペースを拡大」をクリックします、

ディスプレイが一瞬、暗くなりますが、大丈夫です。

すぐにもとの画面に戻ります。

完了画面を確認する

デスクトップ画面に戻ると、もとのデフォルトの状態よりも、

  • 上部のメニューバーの幅が狭くなっている
  • Finderの周囲の余白が広くなっている

このようになっていたら完了です。

この状態でスクリーンショットを撮れば、デフォルト設定の時よりも高い解像度で撮ることができますので、ブログに貼り付けることができるようになります。

まとめ

以上、Macでスクリーンショットの解像度を上げる方法を解説しました。

全体的に、文字が小さくなりますので、

もしかすると老眼が進んでいる40代の方には目を酷使することになるかもしれません。

しかし、読者にとっては当然見やすい画像が良いわけですし、また画像の解像度の低さはSEOで嫌われる傾向もありますので、ぜひ解像度の高いスクリーンショットでブログを書いていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました