【動画がビューポートの外側にあります】インデックスされない理由とは?

ブログの知識
スポンサーリンク
※本ページはプロモーションが含まれています

どうも40代ヨンロクです!

毎日Googleのサーチコンソールを開いてアクセス数やキーワードを見るのが日課になっていますが、ある日こんなお知らせが来ました。

スポンサーリンク

動画がインデックスに登録されない新しい要因

「Search Console で、貴サイトのいくつかの 動画 がインデックスに登録されていないことが検出されました。」とのこと。

どういうことだろう?

とりあえず「インデックス登録レポートを開く」をクリック!

動画がビューポートの外側にあります

どうやら問題あるのは3記事のようです。

どれもYouTube動画を埋め込んでいる記事ですね。

ビューポートって何?

外側ってどこのこと?

問題のある記事を選択すると、右側に詳細が表示されました。

「動画はページの補足的なコンテンツです」とな。

ん〜いまいち、よくわからない、、、。

インデックス登録済みの動画を見てみる

では逆に、インデックス登録されている記事を確認してみました。

こちらもどれもYouTube動画を埋め込んでいる記事ですね。

これらは問題なくインデックス登録済みされているということですね。

何が違うんだろ?

なぜ動画がインデックス登録されないのか

Google検索セントラルではこんな説明がされています。

Google でページ上の動画のインデックス登録が行われない主な理由の一つは、Google がこのページで動画として認められるほど視認性の高い動画を特定できなかったということです。

この問題を的確に把握して、対処しやすい理由を提供するために、Google では、「ページ上で視認性の高い動画は検出されませんでした」という理由をより具体的な 3 つの理由に分類しています。

  • 動画がビューポートの外側にあります: 動画全体がページのレンダリング可能領域内にあり、そのページの読み込み時に表示されるよう動画の位置を変更します。
  • 動画が小さすぎます: 動画の高さを 140 ピクセルより大きくするか、動画の幅を 140 ピクセルより大きくしてページ幅の 3 分の 1 以上にします。
  • 動画の高さが高すぎます: 動画の高さを小さくして 1,080 ピクセル未満にします。
引用:Google検索セントラル

動画のサイズが小さすぎても、高すぎてもダメなのはわかりやすいですが、

問題は、「動画がビューポートの外側にあります」という点ですね。

動画全体がページのレンダリング可能領域内にあり、そのページの読み込み時に表示されるよう動画の位置を変更します。

この説明がわかりにくい、、。

いろいろ調べてみると、

  • 記事の最後の方に動画を埋め込むとインデックスされない
  • 記事の最初の方に動画を埋め込むとインデックスされる

このような説明をされている記事がいろいろ見つかりましたが、

もしそうだとすると、

  • 記事の前半部分の埋め込み動画
    重要なコンテンツ
  • 記事の後半部分の埋め込み動画
    重要ではないコンテンツ

とGoogleはただ判断しているだけということになります。

しかしこの基準で考えると、

筆者のこの「一日一食の芸能人たち。なぜ彼らはオートファジーを実践するのか?」という記事に埋め込んでいる動画がインデックスされていない説明がつきません。

なぜならこの記事はかなり最初の方に動画を埋め込んでいるからです。

Googleが内容を正確に判断している?

サーチコンソールの画面に戻って、もう一度理由を確認しましょう。

「動画はページの補足的なコンテンツです」とあるように、

重要なコンテンツではなく、補足的なコンテンツだと述べているわけです。

つまり、

記事の内容を見る限り、この動画って別に重要なコンテンツじゃないよね?

とGoogleに判断されたということなのでしょうか。

いくらGoogleといえど、記事の内容を正確に理解し、埋め込まれている動画がその内容にどれだけ重要なのかまで判断できるわけないよ。

たしかにそうですよね。

そこまでは流石に分析はできないんじゃないかと思ったのですが、

動画が正しくインデックス登録されている記事をひとつひとつ確認すると、

たしかに記事の内容を理解するためには、埋め込みしている動画が重要な役割を持っている記事ばかりでした。

逆に、今回インデックス登録されていない3つの記事を確認したら、

あれ?この内容だとこの動画はあまり必要じゃないかも?

と思うような記事でした。

へえ〜そうなんだ

Googleのアルゴリズムがどこまで記事の内容を理解しているのかわかりませんが、妙に納得感のある判断だと感心しました。

ということは、やはりGoogleのクローラーは、

ひとつひとつの記事の内容を理解、分析し、

その記事内の動画が前の方に埋め込まれていようが、後の方に埋め込まれていようが、

どれぐらいそのページの内容に対して重要かどうかを判断しているということになります。

いやはや、恐ろしいですね。

ある意味感心できますが、ちょっと怖すぎるぐらいGoogleのクローラーは優秀ってことですよね。

結論とまとめ

以上、「動画がビューポートの外側にあります」について解説しました。

筆者の性格上、いつまでもエラーがあるのはあまり好ましくないのですが、

特に埋め込んでいる動画がインデックスされていようが、されていまいが、

記事自体はインデックス登録されているのでそのまま放置することにしました。

同じことで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

もし「こういう解決方法あるよ!」「その場合はこれをするだけでインデックスされるよ!」みたいな知恵をお持ちの方がいるのであれば、ぜひコメントください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました