【WordPressブログ】必ず作っておきたい3つの固定ページの作り方

ブログの知識
※本ページには広告が含まれています。
スポンサーリンク

ワードプレスでブログを始めました。

もう記事を書いていけばいいのかな?

以上の疑問にお答えします。

どうもヨンロクです(@yonrokublog)知識ゼロで40代からブログを始めて、3ヶ月で0→1達成し、9ヶ月目にGoogleアドセンス合格、月5桁の収益を得ることが出来ています。これからブログを始める人に向けて実体験をもとにわかりやすく発信してます。

前回の記事で、Cocoonで初期設定やカスタマイズをしてようやくブログっぽいデザインになりましたね。

さあ、いよいよこれから記事を書いていくわけですが、その前に固定ページ作成しておくことが大切です。

固定ページって何?

固定ページとは、その名の通りブログ内で常に固定させて表示させておくページのことです。

ブログを運営していくにあたって必要な固定ページは3つです。

最初に作っておきたい3つの固定ページ
  1. プロフィールページ
  2. お問い合わせフォーム
  3. プライバシーポリシー

通常の記事は、カテゴリーに分類されますが、固定ページはどのカテゴリーにも属さない独立したページということになります。

それではこれから順番に固定ページの作り方を解説していきます。

スポンサーリンク

固定ページ①:プロフィールページ

プロフィールページって要するに

自分のことを書くわけだよね?

それなら、ちょうど最初に投稿する記事は

自己紹介の記事を書こうと思ってたんだ

ブログを立ち上げて、まず何の記事を投稿するか?

ブログを立ち上げたばかりの初心者ブロガーは悩みますよね。

筆者も1番最初になんの記事を書けばいいかわかりませんでした。

無料ブログを経験されたことがある方やSNSなどやっている方は、おそらくピンとくるはずですが、

まず1番目に投稿しがちなのが自己紹介ページです。

しかし、「40代から始めるブログ」では、1番最初に投稿する記事で自己紹介をするのはやめておきましょう。

どうして?

これからブログを始めるんだから

挨拶ぐらいはしておかないといけないんじゃ?

挨拶は不要です。

そういう記事は正直言って、意味がありません

例えば、挨拶から始まって、自分のことをつらつら書いたような記事を投稿しても、

「誰かの悩みを解決する良質な記事ではないのでSEOの評価が下がってしまう」

「記事がたくさん増えきた時に、そのページだけカテゴリーに分類されずに浮いてしまう」

というわけです。

ただし、「この記事を書いているブログの運営者ってどんな人なんだろう?」と読者が興味を持つことも当然あります。

その読者の疑問に答えるのが、「プロフィールページ」なんです。

プロフィールページに書く内容

プロフィールページって

何を書けばいいの?

プロフィールページで書くことは、基本的には「あなたはどんな人か?」がわかるように書くことです。

年齢、住んでいる地域、職業、既婚未婚、子供ありなし、など個人情報はどこまで出すかは自由ですし、出しても出さなくてもいいです。

また本名でブログをする人もいれば、ニックネームの方もいます。

大切なのは、あなたがこれから発信していくブログの情報に対して、

あなたのどういった部分が、説得力や共感性を持たせることができるか?が大事です。

  • あなたの属性(年齢、住んでいる地域、職業など)
  • あなたの略歴(どんな仕事をやってきた、やっている、やっていきたい人か)
  • どんなブログを発信しているか
  • なぜブログを始めたのか
  • このブログを読んで、読者にどうなって欲しいのか

出せる範囲でかまいませんので、なるべく簡潔にわかりやすい言葉で書いていきましょう。

プロフィールアイコンは必ず作ろう

プロフィールページでもうひとつ必要なのが、プロフィールアイコンです。

プロフィールアイコンのメリット
  • 視覚的に覚えてもらえやすい
  • 良いイメージを与えられる
  • 親近感を持ってもらいやすい

筆者の場合ですと、こういうやつです。

プロフィールアイコンは、とても印象に残りますので、必ず用意しましょう。

プロフィールアイコンで使われがちなのが、「動物の写真」「景色」「食べ物」などですが、

ブログのプロフィールアイコンは、「人」にするのがおすすめです。

なぜなら「人は人に惹かれる」からです。

実名出しの方なら、本人の顔写真でいいのですが、

おそらく40代からブログを始める方は、ほとんどの方は副業だと思いますので顔出しはしないと思います。

そんなときは似顔絵のイラストアイコンがオススメです。

筆者は、趣味でイラストも描いているので自分で作成しました。

絵が下手なので、

イラストアイコンなんて

描けないよ、、、

そんな方は、自分のプロフィールアイコンをクリエイターに作ってもらいましょう。

そんな知り合いなんていません、、、

知り合いがいない人でも大丈夫です。

ココナラ」なら WEB上のやり取りだけであなただけのアイコンイラストを作ってくれるクリエイターがたくさん見つかります。

だいたい1,500円〜3,000円ぐらいでいい感じのアイコンを作ってもらえます。

またアイコンはブログのプロフィール以外の用途にも使いますので、作っておきましょう。

アイコンの用途は他にも
  • SNSのプロフィール画像
  • ブログの吹き出し
  • ファビコン

SNSのプロフィール画像

例えばX(旧Twitter)のプロフィールアイコンにも使えます。

ブログと同じアイコンを使うことで、イメージが結びつきやすくなるのでSNSからの集客も狙えます。

ブログの吹き出し

ブログの吹き出しにアイコンを使えば、記事に「テンポ」や「説得感」を持たせることが可能になります。

視覚的にも見やすくなるので、オリジナルの見出しキャラも作っておくことがおすすめです。

ファビコン

ファビコンは、検索一覧表示画面や、ブラウザーのタブやブックマークに表示されます。

文字だらけの中に、ファビコンのイラストがとても目立ちますので、ファビコン用のサイズも用意しておきましょう。

クリエイターに発注するときは、

  • ブログのプロフィール用アイコン/サイズ:400px × 400px
  • 見出し用アイコン/サイズ:400px × 400px
  • ファビコン用アイコン/サイズ:32px × 32px

このように各サイズを指示して注文するようにしましょう。

筆者のブログのようにプロフィールイラストとは別に、見出しアイコン、ファビコンのキャラクターを用意してもいいですし、すべて同じプロフィールイラストを使ってもいいです。

ココナラではWEB上だけで発注から納品まで可能です。

ココナラでプロフィールアイコンを発注する流れ
  • ココナラに無料登録する
  • イラストレーターさんを選ぶ
  • サービスを購入する
  • トークルームで打ち合わせ
  • アイコン納品
  • 評価をする

下書きの段階で見せてくれるクリエイターさんもいますので、事前に可能かどうか相談されることをおすすめします。

初回だけですが、

筆者の招待用URLからアクセスして、クーポンコードを入力して登録すると

1000円分のポイントがもらえるのでお得にアイコンイラストを注文することが可能です。

よろしければお使いください。

ココナラ1000円分ポイントクーポンコード:DZ7E4V

「40代からはじめるブログ」は、これから長い付き合いになるブログですので、プロフィールアイコンはとても大事です。あなたの顔となるわけですからね。

アイコンイラストを作ってくれるクリエイターさんたちは、それぞれタッチやニュアンス、得意、不得意ありますので、

こだわりたい人は、複数のクリエイターに発注してみて、自分が1番気に入ったアイコンを選ぶのも良いと思いますよ。

プロフィールページのアイコンはいつでも変更できますし、発注して納品されるまでの間は仮のアイコンでもいいのでまずは納得のいくプロフィールページを作りましょう。

固定ページ②:お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームは必ず作っておいたほうがいいです。

なぜならASPの登録やGoogleアドセンスの申請にはあったほうが良いと言われているからです。

お問い合わせフォームがないサイトって、なんとなく信用できませんよね?

つまり、ちゃんとしていないサイトだと判断されてしまうからです。

またお問い合わせフォームを作ることはメリットもあります。

  • 将来的にブログが育ってきた時に広告代理店などから広告掲載の依頼の問い合わせがくる
  • ライティングなど仕事に繋がるようなメールが届く
  • 非公開のアフィリエイトサービスプロバイダから提携の申し込みが入る
  • 代理店を通さず企業から直接単価の高い広告を出す依頼がくる

すべてあくまで可能性ですが、「40代から始めるブログ」は将来の資産になるブログを目指しているわけですから、こういったチャンスは逃したくないですよね。

例えば、ある企業のマーケティング担当の人が、あなたのブログにたまたまアクセスしてきたとします。

「あ、このブログの読者層、うちが今度発売する新商品のメインターゲットとぴったりなんだけどなあ〜。うちの広告を掲載してもらえないだろうか?」と検討するとします。

しかし、どこから問い合わせしたらいいか、ページ中を探したのに問い合わせページがないことに気づく。

「まいっか、問い合わせ方法がないなら他のサイトを探そうか。」

という機会損失になるわけです。

それはもったいないね、、、

はい、もったいないですね。

問い合わせページを作るのはとても簡単なので、サクッと作っておきましょう。

Contact form7で問い合わせフォームを簡単に作れる

問い合わせフォームは、前回の記事でプラグインで追加した「Contact form7」を使えば、簡単に作れちゃいます。

まだプラグインを追加していない人はこちらの記事をご覧ください。

それでは順番に作っていきましょう

ワードプレス管理画面の「お問い合わせ」をクリック

コンタクトフォーム1」をクリック

フォーム」タブ選択時に、以下のコードが入っていることを確認
ここは何も触らなくて大丈夫です。

メール」タブをクリックして、

問い合わせがあった時に送られてくる自分のメールアドレスが間違っていないか確認

このままでも問題ないのですが、

お問い合わせに対して、自動返信メールが送れる設定をしておきます

そんなこともできるんだね〜

問い合わせしたのに、何も返信がないと不安にさせてしまうかもしれないので、しっかり設定しておきましょう。

メッセージ本文」内のコードをコピーしておきます

下の「メール(2)を使用」にチェックを入れます

下にスクロールしていき、「メール(2)」のメッセージ本文内にコピーしたコードを貼り付けます

仕切り線の上に、自動返信メールの文章を入力します。

こちらをそのままコピーして貼り付けてもOKです↓

今回、お問い合わせ頂きました内容は確認次第
ご連絡させて頂きます。

返信までしばらくお待ちください。

頂いたメッセージ内容はこちらです。

メールの題名を入力します。こちらをそのままコピーして貼り付けてもOKです↓

お問い合わせ頂きありがとうございます。

差出人:[your-name]」のすぐあとに「さま」と入力するのを忘れないようにして下さい。

1番下の「保存」をクリック

1番上まで戻って、「ショートコード」をコピー

次に、お問い合わせページを作っていきます。

固定ページ」>「新規追加」をクリック

タイトル名文章、さきほどコピーしたショートコードをそのまま貼り付けます

右側の「パーマリンク」を「contact」に変更

アイキャッチ画像は入れても入れなくても大丈夫です。

入れたい方は、フリー画像で好きなやつを選んでください。

下へ進み、「SEO」項目の中の、

インデックスしない(noindex)」にチェックを入れます。

通常の記事作成では、必ずインデックスさせるのでチェックを入れることはないのですが、

お問い合わせページのようなショートコードを貼り付けただけのページはGoogle検索にインデックスされると低評価の原因になってしまいますので、「インデックスしない」にチェックします。

右上の「公開」ボタンをクリックします。

公開されたお問い合わせページにアクセスします。

ページができていますね。

あとは試しに自分でお問い合わせフォームで送ってみましょう。

「ブログ運営者としてお問い合わせが入ったお知らせメール」と、

「お問い合わせフォームを送信した読者として、自動返信メール」が届いたかと思います。

届いていれば完了です。簡単に作れましたね。

もし自動返信メールなどでエラーが起きたときはこちらの記事をご覧ください。

固定ページ③:プライバシーポリシー

最後に作るのは「プライバシーポリシー」ページです。

プライバシーポリシーって何?

プライパシーポリシーとは、インターネット上で収集した個人情報をどう扱うのかなどの方針を説明するページのことです。

実はワードプレスではデフォルトで、すでにプライバシーポリシーが下書き保存されています。

一度見てましょう。

ワードプレス管理画面固定ページプライバシーポリシーから確認してください。

たしかにあったけど、

下の方とか見出しだけだよね、、、

そうなんです。なのでこれは使えません。

ではどうするかというと、

こちらの先輩ブロガーのゆかさんのプライバシーポリシーを頂きましょう。

え〜パクったらダメだよ!

安心して下さい。

ゆかさんはこのプライバシーポリシーの文言をコピペしてどんどん使ってくださいと言ってくださっているので、ありがたく活用しましょう。

冒頭の「ゆかブログ〜」から、最後までコピーしましょう。

もとの文章をすべて削除して、コピーしたゆかさんのプライバシーポリシーを貼り付けましょう。

筆者もコピーさせて頂きました。ゆかさん、ありがとうございます!

貼り付けたあと修正する箇所があります。

  • 冒頭の「ゆかブログ」を「ご自身のブログ名」に変更
  • 「送信先となる事業者の氏名又は名称」という見出しのところの、
    Googleアドセンス(Google合同会社)
    a8.net(株式会社ファンコミュニケーションズ)
    afb(株式会社フォーイット)
    楽天アフィリエイト(楽天株式会社)
    Amazonアソシエイト(アマゾンジャパン合同会社)
    バリューコマース(バリューコマース株式会社)
    アクセストレード(株式会社インタースペース)
    上記以外のASP会社は削除します。

これについては、このあと登録していくASPに関係します。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

最後に、パーマリンクを「privacy-policy」に変更してから、

公開」ボタンをクリックして完成です。

まとめ

以上、3つの固定ページの作り方をご紹介してきました。

  • アイコンイラストを作ってプロフィールページを完成させよう
  • お問い合わせフォームはプラグイン「Contact form7」で簡単に作れる
  • プライバシーポリシーはコピペするだけ

意外と簡単にできたのではないでしょうか。

もしかしたらプロフィールページはなかなかうまくまとまらないかもしれませんが、いつでも書き直すこともできますので仮でも良いのでだいたいの内容を書いておけば大丈夫です。

今回の記事で3つの固定ページを作ったわけですが、ブログのどこを探しても今は表示されていないと思います。

次の記事では、今回作った固定ページをブログに表示させる方法について解説していますので続けてお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました