【初心者向け】ブログを始める前に考えておきたいジャンルの選び方

ブログの知識
※本ページには広告が含まれています。
スポンサーリンク

ブログを始めようと思っているけど、どんなジャンルにしていこうか迷ってます

いざ副業ブログを始めようと思っても、どんなジャンルにしていくか、悩みますよね。

筆者もかなり悩みました。

この記事は、どのジャンルでブログを書いていけばいいか悩んでいる人に向けた記事となります。

この記事でわかること
  • ジャンルを選ぶ3つの自分軸
  • ジャンルを絞る方法
  • ジャンルは何個選べばいいか

どんなジャンルが世の中にあるのか、まずはざっと把握してみましょう。

ブログのジャンル一覧
  • グルメ
  • 食生活/ダイエット
  • 健康/サプリ
  • エステ/美容
  • スポーツ/筋トレ
  • キャンプ/アウトドア
  • 家具/インテリア
  • 家電/ガジェット
  • カメラ/写真
  • 本/漫画
  • アニメ/映画/ドラマ
  • ゲーム/音楽
  • 転職/退職
  • 資格/スキル
  • 仕事/副業
  • 車/バイク
  • 保険/株式投資/FX/仮想通貨
  • 旅行/海外生活
  • 外国語/留学
  • ファッション/コスメ
  • 婚活/恋愛
  • 妊娠/出産
  • 子育て/教育

ジャンルが多すぎて、絞り込めない、、、

これだけのジャンルがあるわけですから、なかなか選ぶのは大変ですね。

でも大丈夫です。

ジャンルを絞り込む手順がありますので、これから詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

過去・現在・未来から絞る

これからジャンルを絞っていくわけですが、

まず考えるべきことは、あなたが何を発信したいか?が大切です。

そこでまずはあなた自身にフォーカスしていきましょう。

あなた自身の経験や興味で選ぶ
  • 過去に経験・体験したジャンルを選ぶ
  • 現在の仕事・趣味のジャンルで選ぶ
  • これから学びたいこと・体験したいジャンルで選ぶ

過去に経験・体験したジャンルを選ぶ

まずあなたが、過去に経験したこと、体験したことのジャンルを思い出してみましょう。

すでに経験したことですから、説得力のあるリアルな記事が評価につながりやすいです。

過去に経験・体験したこと
  • 過去に悩んだこと
  • 過去に失敗したこと
  • 頑張って勉強したこと
  • 苦手を克服したこと
  • コンプレックスや悩み

同じような悩みを持っている人は世の中には必ずいますから、こういった体験はとても有益な情報となりますのでコアなファンがつく可能性が高くなります。

現在の仕事・趣味のジャンルで選ぶ

今ハマっている趣味や、現在働いている仕事のノウハウなどを発信することができれば、同じ趣味にハマっている人、同じ仕事で悩んでいる人にとって有益な情報となる可能性が高いです。

専門性を持った内容になりますので、

Googleのアルゴリズムは、専門性の高さを評価する傾向がありますので、深い知識、ノウハウを打ち出すことができれば、ブログの評価は上がります。

例えばこんな専門性があれば、読者に強く訴求できる記事が書けるでしょう。

  • TOEIC勉強方法
  • 主婦でブログ収益化
  • プログラミング
  • コーチング技術
  • キャリアコンサルタント

これから学びたいこと・体験したいことで選ぶ

過去にも現在にも、発信できるようなジャンルがありません、、、

そんな方は、これから学びたいこと、体験したいことを選んで記事を書くこともできます。

  • ソロキャンプを始めたい
  • ダイエットしたい
  • DIYをして理想のホームスタイルを実現したい
  • 子育てを頑張りたい

もしあなたが、これから「何を実現したいのか?」という明確な目標があるのなら、

それをブログのテーマにすることもできます。

「特別な知識がない人」「得意なことがない人」でも、これから学んでいきながら、その過程をブログ記事として発信していくことで、その成長過程そのものをコンテンツ化できるわけです。

このような観点から、まずは5、6つのジャンルを選んでみましょう。

自分自身の、「過去・現在・未来」を見つめ直し、ブログのジャンルを選ぼう

収益化の観点で絞る

「過去・現在・未来」の自分を見つめ直し、ジャンルを5、6つ選べたら、次はそれぞれのジャンルでどれぐらい収益化が可能かどうかを調べていきましょう。

調べるといっても、難しいことはありませんので安心してください。

市場規模は大きいか

まずは市場規模を調べてみましょう。

なぜなら

市場規模が大きい=需要が大きい=お金が集まる

という特徴があるからです。

市場規模ってどうやって調べるの?

調べる方法はいろいろありますが、簡単に調べる方法として3つご紹介します。

ここでは試しに「アフィリエイト」というキーワードで調べてみましょう。

Google検索で調べる

Googleにアクセスしてキーワード検索をします。

「アフィリエイト」で検索すると、5750万ページが該当してます。

ページ数が多い=競争するページが多い」と判断する目安になります。

ラッコキーワードで調べる

ラッコキーワードで「アフィリエイト」検索します。

815個の関連キーワードが見つかりました。

キーワードが多い=多様なニーズがある」と判断する目安になります。

aramakijake.jpで調べる

aramakijake.jpで「アフィリエイト」と検索します。

月間で10万8000回検索されていることがわかります。

検索回数が多い=需要が大きい」と判断する目安になります。

何件、何回あればという基準はありませんが、できるだけ市場規模の大きいジャンルを選んだほうが早期収益化という観点では大切です。

なぜなら、ほとんど魚のいない池で釣りをするよりも、他にも釣り人は多いけど、魚がたくさん泳いでいる池で釣りをしたほうがよく釣れるからです。

売れそうな商品があるか

早期にブログを収益化させるためには、「売れそうなアフィリエイト案件」があるかが重要です。

アフィエイト案件を調べる方法は、A8.netに登録すれば調べられます。

A8.netはまだブログを所有していない方でも登録できますので、ブログをまだ始めていない方には

ありがたいASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)です。

メールアドレスだけで無料登録できますのでサクッと登録して売れそうな案件があるか調べましょう。

またGoogleで、絞ったジャンルや商品名などで検索をかけてみて、上位表示されているサイトを確認し、どんなアフィエイト案件があるのかチェックする方法もあわせて調べてみましょう。

これはA8.net以外のASPが取り扱っているアフィリエイト案件も把握することができます。

他のASPはブログを所有していることが会員登録の条件になっていますし、審査もありますのでブログをまだ所有していない方はこの方法でしか調べれないわけです。

ブログを立ち上げたらまず登録しておきたいASPに関してはこちらの記事をご覧ください。

競合サイトは強いか

ブログのジャンルを絞るときには、競合相手が少ないジャンルを選ぶことも大切です。

たとえば、アフィリエイト案件で高単価で有名な「クレジットカード」で検索すると、

ページ数は4億も超えていますし、上位に並んでいるのは資本力のある企業サイトがひしめき合っているジャンルも少なくありません。

こういったジャンルはなかなか個人がブログを始めても上位表示が難しいので一般的には、違うテーマに変えた方がいいのが常識です。

しかし、「40代から始めるブログ」は、1ヶ月後とか短期的なスパンで上位表示を目指しているわけではありません。

5年後、10年後に上位表示されるぐらいの長期スパンでブログを育てていくのが目的ですので、少しキーワードをずらして記事を書くことで、上位表示の余地もありますので、あえてそのジャンルに攻めていくのもありです。

ただし、しばらくは全く検索結果に表示されないことに耐える忍耐力も必要になります。

市場規模・収益化・競合の観点で、ブログのジャンルを絞ろう

書いていて楽しいかどうか?

ここまでジャンルをある程度絞り込んできたわけですが、

究極的には、あなたが記事を書いていて楽しいかどうか?

がとても大切になります。

いくら高単価なアフィリエイト広告があるからといって、まったく興味のないジャンルを選んでしまうと調べるのが億劫になるためネタ不足になりやすいですし、長続きはしないでしょう。

「40代から始めるブログ」は、将来に資産になるブログを今から少しずつ育てていくのが目的ですから、継続力が何より必要です。

究極的には、自分が記事を書いていて楽しいジャンルを選ぼう

まずはジャンルを3つ選ぶ

自分自身の過去、現在、未来を見つめ直してジャンルを選び、その中から市場規模を調べて絞り、さらに記事を書いていくのが苦痛ではないジャンルをまずは3つ選びましょう。

なぜジャンルを3つ選ぶのかというと、

  • ジャンルを1つに絞る
    →ネタ不足になりやすい
    →あとでジャンル変更しにくい
  • ジャンルを3つに絞る
    →ネタ不足になりにくい
    →アクセスが集まるテーマに特化できる

ジャンルを1つに絞ると

ジャンルを最初に1つだけに絞ってしまうと、ネタ不足になりやすいです。

またジャンルを変更しようと思った時に、サイト名は後からでも変更できますが、ドメインであるURLは変えれません。

ドメインは変更前のジャンルにちなんだアドレスにしているはずですから、変更すると統一感のないブログになってしまいます。

ジャンルを3つにすると

ですので、ひとつのジャンルではなく、まずは3つのジャンルを選びましょう。

それぞれ10記事ぐらいは書けそうなジャンルを選べば大丈夫です。

ジャンルさえ決定すれば、あとは記事を書いていくだけです。

ただし記事を書く際には、

  • SEOを理解し、それに基づいた記事を書く
  • 内部リンクを貼れるように各ジャンルで10記事以上書く

この2点に重点を置いて記事を書いていきましょう。

収益化するためのブログ記事の書き方についてはこちらの記事をご覧ください。

3つのジャンルの記事を書き続けていくと、アクセスが集まりやすいジャンルが出てくると思います。

「アクセスが多い=需要がある」わけですから、そのジャンルに少しずつ注力しながら、メインジャンルとして育てていきます。

さらにそのジャンルのアフィリエイト案件を活用し収益化を目指していくことも可能になります。

まとめ

以上、ブログを始める前のジャンルの選び方について解説してきました。

  • 過去、現在、未来の自分軸でジャンルを選ぶ
  • 収益化の観点でジャンルを絞る
  • 究極的には自分が書いていて楽しいかどうかで選ぶ

ブログは継続力がすべてです。

頑張ってブログを始めたけど、アクセスも集まらないし収益も発生しないから1年以内に辞めている人が

ほんとに多いんです。

引用:(NPO 法人)アフィリエイトマーケティング協会

1年間まったく収益が発生しない人はザラにいます。

それでもコツコツと「誰かの悩みを解決する記事」を書き続けていくことによって着実にドメインパワーを上げていくことにつながり、

将来の資産にブログへと成長させていくことが可能になるので、われら40代から始めるブログは、あせらず長期的な視点でじっくり腰を据えて取り組んでいきましょう。

ジャンルが決まったら、WordPressでブログを立ち上げる段階です。

40代知識ゼロからWordPressでブログを始める手順を全10記事にわかりやすくまとめています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました