【ショーツ?ロング?】パタゴニアの名作バギーズのサイズ感を徹底解説

ファッション
スポンサーリンク
※本ページはプロモーションが含まれています

バギーズのサイズ選びに悩んでいます、、、

以上の悩みにお答えします。

どうも40代ヨンロクです(@yonrokublog)40代をシンプルに活き活き暮らすための、生活習慣、料理、一生物アイテムなどのライフスタイルを発信しています。

夏のショーツの定番の人気アイテムといえば、パタゴニアの「バギーズ」ですよね。

とにかく快適で楽ちん、寝る時も、部屋着にも、外出するときにも使えるので、ミニマリストにとっては重宝する夏の最強ショーツです。

筆者は2017年からずっと愛用しています。

そんなバギーズですが、まだ買ったことがない人にとって一番悩むのがサイズ感ではないでしょうか。

パタゴニアのバギーズは、5インチと7インチの2種類があり、しかもサイズもXS〜XXLまで豊富。

5インチと7インチとどっちがいいのか?サイズ選びも悩む、、、

この記事では、

バギーズのショーツ5インチとロング7インチはどっちがいいのか、着用画像も使ってサイズ感について詳しく解説しますので、サイズ選びで悩んでいる人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ショーツとロングは何が違う?

まずバギーズを買う時に悩むのが、

ショーツとロングどっちがいいの?

ですよね。

筆者も最初に買うときは悩みに悩みました。

バギーズといえば5インチだよ

という人もいれば、

7インチのほうがオシャレだよ

といろんな意見があるからです。

正直これはもう、

  • カレーライスかハヤシライスか
  • ごはんかパンか
  • うどんかそばか
  • パスタかピザか
  • オルカンかS&P500か

みたいな究極の2択問題と言ってもいいでしょう。それぐらい難しい選択です。

まずはショーツとロング、どっちが良いのかを判断するために、それぞれの違いを比べてみましょう。

違い①:股下の長さが違う

バギーズの5インチと7インチは、まず股下の長さが違います

バギーズ・ショーツ・5インチ
XSSMLXLXXL
ウエスト333639434751
股上292930323435
股下131313131313
※仕上がり寸法(平置き/cm)
バギーズ・ロング・7インチ
XSSMLXLXXL
ウエスト333639434751
股上292930323435
股下181818181818
※仕上がり寸法(平置き/cm)

ウエスト、股上は5インチも7インチも全く同じです。違うのは股下の長さだけ

5インチの股下はどのサイズも13cm7インチの股下はどのサイズも18cmです。

実際に比べてみましょう。

左のパープルがバギーズ・ショーツ・5インチ、右のブラックがバギーズ・ロング・7インチ、どちらもMサイズです。

合わせてみます。

サイズ表どおり、股下の長さだけ違うことがわかります。

他のサイズはすべて同じで、股下の長さが5cm違うだけです。

たかが5センチ、されど5センチ。

このわずかな差ですが、

かなり膝上丈 VS やや膝上丈

履いた時の印象がけっこう変わりますので、5インチが良いのか7インチが良いのか悩ませる最大の理由になるわけです。

違い②:カラー展開が違う

出典:楽天市場

バギーズは毎年発売されるカラーが異なり、

人気のカラーはシーズン前に売り切れることもあるぐらいです。

定番色のブラックやグレー、ネイビー系などは比較的毎年発売されていますが、それ以外はシーズナルカラーとしてその年だけのカラーが発売されるので、フリークたちの間では「今年はどんなカラーが発売されるのか?」と楽しみにしている人も多いです。

そんなバギーズですが、なぜか5インチと7インチで展開するカラーが違います

「このカラーが欲しいけど5インチにはあるけど7インチにはない」なんてことがあります。

このカラーがどうしても欲しいから5インチを選ぶという消去法的な選び方も出てくるかもしれません。

違い③:価格が違う

5インチと7インチで価格差があります。

5インチよりも生地をたくさん使う7インチのほうが若干高い設定になっています。

ですが

どういうわけかこの数年の原材料価格高騰、円安の影響で販売価格はどんどん値上がりし、なぜか2023年から5インチも7インチも同じ価格に統一されました

2021年2022年2023年2024年
バギーズ・ショーツ・5インチ7150円7920円8250円8800円
バギーズ・ロング・7インチ7700円8250円8250円8800円

これまで価格の面だけで5インチを選んでいた人も、いまは同じ値段になっているわけですから、5インチにするか、7インチにするか、ますます悩みが増えたとも言えるでしょう。

ショーツとロングどっちがいい?

結局5インチと7インチどっちがいいの?

結論から申し上げると

価格の差がなくなった今、

5インチと7インチのどっちがいいかは、本当に好みだけの問題になりました。

ここからはあくまで筆者の個人的な見解です。

ショーツ5インチがおすすめな人
  • 涼しさ動きやすさ重視
  • 運動用、水着にもよく使う
  • 背が低い
  • 足を長く見せたい
  • 人目は気にしない
ロング7インチがおすすめ人
  • 主に街着用
  • 毛深い人
  • 身長が高い
  • 足が太い人
  • 人目を気にする

アクティブシーンで使いたいなら足捌あしさばきの快適性や、より開放感があるショーツ5インチ、

タウンユースでよく使うのであれば、電車などの公共交通機関などで座った時でも太ももがあらわになりにくいロング7インチといった選択になると思います。

ですが、ショーツ5インチもロング7インチも所有する筆者のおすすめは、

バギーズを満喫したいなら5インチ

7インチも快適は快適ですが、5インチに比べると涼しさも開放感も劣ります。

なので5インチか7インチか選ぶポイントは、

快適さ > 人目

人目を気にしないなら5インチを、

快適さ < 人目

人目を気にするなら7インチを選べばいいかと思います。

毛深い私は5インチはちょっと、、

そんな人も自宅で除毛すれば人目も気にならなくなりますので5インチでも大丈夫ですよ。

ショーツ5インチのサイズ選び

快適さを重視したいから5インチにするよ。サイズ感は?

ここからは「バギーズ・ショーツ・5インチ」のサイズ感を解説します。

筆者のデータ
  • 身長177cm
  • 体重61kg
  • 普通〜やや痩せ型

SとMで履き比べてみましょう。

ピンクがSサイズ、パープルがMサイズです。

合わせてみましょう。

XSSMLXLXXL
ウエスト333639434751
股上292930323435
股下131313131313
※仕上がり寸法(平置き/cm)

サイズ表では、SとMではウエストが3センチ、股上が1センチの差があります。

実際に履き比べてみました。

履いた感じは、正直言ってほとんど差を感じません。ほぼ誤差の範囲内という感覚です。

バギーズは伸縮性のあるインナーメッシュがありますし、ウエストがゴムでドローコードでも調整ができるので、Mじゃないと履けないとか、Sは小さすぎるといったサイズ選びの失敗は起きにくいと思います。

筆者と同じぐらいの体型の人は、SまたはMサイズで問題ないと思います。

まとめ・結論

以上、「パタゴニアのバギーズは5インチがいいのか、7インチがいいのか、サイズ選びはどうする?」について解説しました。

結論

人目を気にしないなら5インチ一択

バギーズの快適さを満喫したいなら、5インチがおすすめです。

丈が短いことが、動きやすさはもちろん、涼しさ、開放感だけでなく足が長く見える効果も発揮するからバギーズの良さを実感しやすいのは5インチだからです。

ですが、7インチを選ぶのも全然良いと思います。

結局どっちが良いの?

正直言って、どっちでも問題ありません。

なぜならバギーズを履き始めると、あまりにも快適なので「もう1着必ず欲しくなってしまう」からです。

5インチを買えば、次は7インチが欲しくなると思いますし、

7インチを買えば、次は5インチが欲しくなると思います。

なので最初の1着は、自分が良いと思ったほう、サイズ、カラーを選べばいいと思います。

実際に筆者もそうでした。

筆者は2017年に初めてバギーズの5インチを買い、すっかりバギーズの虜になり、翌年には7インチを購入し、そこから買い足して、いまは4着を愛用中です。

所有しているバギーズ
  • 2017年購入:バギーズ・ショーツ・5インチ Sサイズ CSHG
  • 2018年購入:バギーズ・ロング・7インチ Mサイズ BK
  • 2019年購入:バギーズ・ショーツ・5インチ Mサイズ PUR
  • 2020年購入:バギーズ・ショーツ・5インチ Sサイズ ULPK

バギーズの使い勝手の良さ、快適さがわかってしまうと何着も欲しくなってしまうのがバギーズの怖さでもありますw

バギーズは毎年カラー展開が違い、人気のカラーはシーズン前にサイズ切れになることも珍しくないので、これだと思ったカラーがあれば早めにゲットしましょう。

5インチも7インチも同じ価格になった今、金銭的な縛りがなく自分の好みだけで選べるようになりましたので、お気に入りのカラーを見つけて、快適なバギーズライフを送ってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました