【まずはこれだけ】ワードプレスでブログを始めたら最初にするべき5つのこと

ブログの知識
※本ページには広告が含まれています。
スポンサーリンク

ワードプレスでブログを始めたけど、

最初にやっておくことって何?

以上の疑問にお答えします。

どうもヨンロクです(@yonrokublog)知識ゼロで40代からブログを始めて、3ヶ月で0→1達成し、9ヶ月目にGoogleアドセンス合格、月5桁の収益を得ることが出来ています。これからブログを始める人に向けて実体験をもとにわかりやすく発信してます。

前回の記事で、コノハウイングに申し込んで無事にワードプレスでブログを立ち上げることができましたね。

ワードプレスでブログを立ち上げたら最初に設定しておくことや、役に立つ無料ツールの登録などいろいろありますが、

こんな悩みを抱えがちです。

  • 何から手をつけたらいいのかわからない
  • 誤って何か間違ったことをしてしまわないか心配
  • 色々調べたが人や年度によって言っていることがバラバラで何が正解かわからない

情報量が多過ぎて困っちゃう、、、

ブログの知識がまったくないと、

これまで聞いたこともない言葉がたくさん出てきたり、

ワードプレスの管理画面にはさまざまな項目があるので、何をどうやって設定するのか、また何からやればいいのかわかりづらいと思います。

そこでこの記事では、ワードプレスでブログを立ち上げたら、まず最初にやっておきたいことを5つ解説します。

実際に筆者が40代からブログを始めて、わかりづらかったことや疑問に思ったことなどの体験談も交えながら、なるべくわかりやすく解説していきますのでひとつひとつ理解していきましょう。

わかりやすいように、まずは結論から

ワードプレスで最初にすることは下記の5つだけです。

それではひとつひとつ順番に進めていきましょう。

スポンサーリンク

ステップ①:Cocoonテーマを有効化

ConoHA WINGで申し込んだ時に、テーマをコクーンを選んだ人は、

WordPressのダッシュボード画面の、「外観」をクリックすると、

親テーマの「Cocoon

子テーマの「 Cocoon Child

の2つが入っていると思います。

親テーマ?

子テーマ?

なんで2つあるの?

WordPressテーマ本体のことを「親テーマ」、その親テーマがコピーされたものを「子テーマ」と呼びます。

なぜ2つあるのかというと、それはテーマは定期的にアップデートされるからです。

無料のコクーンでも、他の有料のテーマでも不具合が発生しないように定期的アップデートされます。

アップデートされるとテーマのファイルが新しい物に置き換わりますので、

もし親テーマで編集していると、せっかく自分が編集していたファイルが消えてしまいます

そうするとアップデートする度に、何度も編集し直す必要が出てくるわけですね。

その点、子テーマはアップデートされませんので編集したファイルはそのまま保持されます。

アップデートの度に編集し直す必要はないということです。

よって、絶対に間違えてはいけないことは、子テーマである「Cocoon Child」を有効化しておきましょうということです。

Cocoon Childの「有効化」ボタンを押して、このような画面になれば大丈夫です。

ステップ②:パーマリンク設定

ワードプレスを立ち上げ、テーマも有効化できたので、

「さあ、記事を書くぞ〜」という熱い気持ちがあるかと思いますが、

「ちょっと待ってください!」

ワードプレスで、記事を投稿する前にとても大事なことが、パーマリンク設定です。

パーマリンクって何?

パーマリンクとは?

ひとつひとつのWEBページのURLアドレスのことです。

以前の記事でもご説明したように、URLアドレスは、そのページの住所みたいなものでしたね。住所があるから、あなたの書いた記事に誰もがアクセスすることが可能になるんでしたよね。

このパーマリンク設定を最初に正しくしておかないと、後々面倒なことになりますので、しっかり設定しておくことが大切です。

パーマリンクとは、

https://www.yonroku-blog/wordpress

こんなアドレスのことで、httpsから始まって、ドメインがあって、「/スラッシュ」のあとの部分をパーマリンクと言います。

パーマリンクの【パーマ】とは英語の【Permanent】の略で、「永久」や「不変」という意味が含まれます。

つまりパーマリンクは【永久不変の URL=変えないことが望ましいURL】というような意味合いが強いということです。

例えば、もし自分が住んでいる住所の地名とか、住んでいるマンション名がころころ変わっちゃったら、届くはずの郵便物も届きにくくなりますよね?そうイメージすれば理解しやすいかと思います。

なるほど!

そういうことなんだね

さらにGoogleは推奨しているパーマリンクがあります。

それは「サイトのURL構造はできる限りシンプルに」ということです。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

可能であれば、長い ID 番号ではなく意味のある語句を URL に使用します。

引用元:Google検索セントラル

つまり、URLを設定するときは、数字のようなID番号ではなく、その記事の内容がわかるような意味のある単語を使うようにと言っているわけです。

例えば、

ワードプレスについて書かれた記事のパーマリンクとしては、

https://www.yonroku-blog.com/123456

よりも

https://www.yonroku-blog.com/wordpress

の方が推奨されているということです。

Googleに推奨されているわけですから、SEO対策として少しでもマイナス要因にならないように、パーマリンクは、できるだけシンプルで記事の内容がわかるものにしましょう。

じゃあ、日本語だとわかりやすいよね

たしかに日本語のパーマリンクにすれば、何の記事かすぐにわかると思いますが、

絶対に日本語のパーマリンクだけはやめておきましょう。

なぜなら、日本語を使って、

「https://www.yonroku-blog.com/さあ、ブログを始めよう」というパーマリンクにしてしまうと、

  URLは以下のような表示になっちゃうわけです。

うわ〜めっちゃ長い!

そうなんです、日本語で設定されたパーマリンクは、URLをコピーしてSNSとかでシェアしようとすると、こんなにも長〜いわけのわからない怪しいアドレスに文字化けしちゃうんですね。

URLが長すぎると、文字制限のあるTwitterだとリンクが貼れない問題が出てきたりするわけです。

なので、この場合のパーマリンクは、

https://www.yonroku-blog/blog-lets-start

のように、アルファベットまたは英語で必ず設定するようにしましょう。

またGoogleは、単語と単語の間は「-」(ハイフン)を使うことを明確に推奨してます。人によっては、「_」(アンダーバー)を使いたい人もいるかもしれませんが、必ずハイフンを使うようにしましょう。

  • ブログの始め方→blog-start、how-to-start-blog
  • オートファジーの始め方→how-to-start-autophagy、autophagy-start
  • 40代の生活の知恵→wisdom-for-living-forty、knowledge-of-40s-life

こんな感じでそれぞれの記事の内容に合わせて、英語を使ってパーマリンクを決めましょう。

英語は苦手です、、、

英語が苦手な人は、世界最高レベルの機械翻訳を誇る高精度な翻訳サイト「Deepl」を使えば簡単に英訳してくれます。

筆者もよく使っています。もちろん無料で使えるのでとても便利ですよ。

パーマリンクの設定方法

それではこれからWordPressのパーマリンクの設定をしていきましょう。

まずWordPressにログインしてダッシュボードの画面に入ってください。

左側の、「設定」にマウスを合わせると、「パーマリンク」が表示されますのでクリックして下さい。

するとパーマリンク設定の画面になります。

WordPressを最初に立ち上げたときのパーマリンクの最初の設定は、「日付と投稿名」になっているかと思います。

これを、「投稿名」にチェックを入れると、矢印のところに、「/%postname%/」が自動的に入るので確認しましょう。

確認できたら、左下の「変更を保存」ボタンを忘れずにクリックします。

はい、これだけで完成です。簡単でしたね。

記事公開する前にパーマリンクを書き換える

では実際に記事を試しに書いてみましょう。

ダッシュボード画面の、「投稿」>「新規追加」をクリックして、記事作成のページを立ち上げます。

題名に、

【40代初心者必見】wordpressブログを始めたら必ずすること

と入力して、右上の「下書き保存」をクリックして下さい。

すると、右側にURLが表示されます。

パーマリンク設定で、「投稿名」にしたので、題名に入力した日本語がそのまま入っているわけです。

日本語は文字化けしますので、適切な英語に書き換えましょう。

URLのところをクリックすると、URL/パーマリンクというボックスが表示されます。

その欄に入っている日本語を消して、英語に書き換えて、右上の「×」をクリック

すると、URLのパーマリンクが英語になりましたね。

記事を公開する前に、必ずここのパーマリンクを書き換えたか確認する習慣を身につけましょう。

パーマリンクをあとから変更するのはやめたほうがいい

先述したようにパーマリンクは、「変えないことが望ましいURL」なんです。

最初に適切に正しくパーマリンクを設定しておくことがとても大切です。

もし、あとからURLを変更するとどうなるか?

誰かがあなたの記事のURLをシェアしていた場合、当然そのリンクは全て無効になります。

また、検索上位に表示されていた記事のパーマリンクを変更してしまうと、Googleは全く別の記事と認識しますので、せっかくのSEO評価がリセットされてしまうのです。

それだけはイヤだね、、、

ですので、記事を公開する前に必ずパーマリンクを確認し、

  • 本当にその英文で問題ないか?
  • 英語の綴りに間違いないか?
  • もし今後同じような記事を書くときに被らないか?

このようなことをしっかり確認することがとても大切です。

ここで余談ですが、筆者がパーマリンクで失敗した事例をご紹介します。

筆者のオートファジーに関連する2つの記事のパーマリンクですが、

なのですが、記事を公開したあとに、

まさかの綴り間違い

https://www.yonroku-blog.com/autophasy-famous-person/

https://www.yonroku-blog.com/autophasy-effect-halfyear/

オートファジーの「g」を「s」にしてしまい、綴りを間違えてパーマリンク設定してしまっていたんです。急いでパーマリンクを正しい綴りに修正して公開し直したのですが、時すでに遅しでした。

この記事の後半に後述しますが、Googleのサーチコンソールで、

この綴りの間違ったURLがずっとエラーで残る羽目になりました。

「ページにリダイレクトがあります」と表示され、クリックすると、

はい、間違った綴りのほうのパーマリンクですね。

インデックスに登録されていない=検索されても表示されない

わけですので、最初にこのエラーを見つけたときは、「なぜなんだ?」と思い、いろいろ調べたのですが、結局わからず、半ば諦めかけていたところ、よく見るとURLを修正したやつだと判明しましたw

いろいろ調べた時間が本当にもったいなかったです。

このエラーはGoogleサーチコンソールに残ったままでも問題はなさそうなので放置してますが、筆者のような間違いは起こさないよう、記事公開前にしっかりパーマリンクは確認しておきましょう。

ステップ③:プラグイン設定

プラグインって何?

プラグインとは、Plug-INなので「差し込む」という意味ですが、IT用語としては、アプリケーションソフトを使いやすくするために機能を拡張させたり、追加したりするプログラムのことです。

WordPress自体でも全然問題なのですが、使い勝手を良くするためや、セキュリティーを強化するため、SEO対策をするためなど、いろんな目的のプラグインがあります。

中には有料のプラグインもありますが、今回ご紹介するのはすべて無料で使えるものをご紹介しますのでご安心ください。

無料で使えるなら、

いっぱいプラグインを使って、

使い勝手を良くしていこうよ🎵

残念ながら、それはおすすめできません

なぜならプラグインを組み込みすぎるとWordPress自体が重くなってしまったり、また複数のプラグインを組み込んだ場合、プラグインの種類によっては相性が悪いもの同士だとエラーが発生したりしますので、本当に必要なプラグインだけ追加するのがいいわけです。

それではWordPressで、テーマはCocoonを使っている人におすすめなプラグインをご紹介します。

まずはこれだけでOK!インストールしておくべきプラグイン
  • XML Sitemap Generator for Google
  • EWWW Image Optimizer
  • WP Multibyte Patch
  • BackWPup
  • Contact Form 7

XML Sitemap Generator for Google

Googleの検索エンジンに認識してもらいやすくするプラグインです。検索エンジンに見つけてもらえないと、当然検索結果に表示されないわけですから必須級のプラグインとなります。

EWWW Image Optimizer

画像サイズを自動的に圧縮してくれるプラグインです。

画像を圧縮しないと、ブログの画面の表示速度が遅くなってしまいます。アクセスしたけど画面表示がやたらと遅いので、見るのをやめたこと一度ぐらいありますよね?そうなんです、画像が重たいと画面表示が遅くなりますから、ブログPV数が減ってしまいますのでこちらも必須級のプラグインとなります。

WP Multibyte Patch

もともとWordPressは英語版で使われるシステムなので、わたしたちが使っている日本語のひらがなや漢字は、文字化けしたり文字数が正しく表示されなかったりする不具合が生じる可能性があります。その文字化けを防いでくれるのがこのプラグインです。せっかく書いた記事がよくわからない文字になっちゃったら残念ですよね。とりあえず入れておくと安心な必須級のプラグインです。

BackWPup

ブログのデータをバックアップしてくれるプラグインです。

予想外の災害やサーバーの不具合が起こった時に、せっかく書き溜めたブログデータがすべて消えてしまうリスクがあります。最悪の事態に備えてバックアップは必ずしておきたいので必須級のプラグインとなります。

Contact Form 7

ワードプレスを始めたら、必ず作っておきたい固定ページがあるのですが、その中のお問い合わせフォームが作れるプラグインとなります。今後、申請していくGoogle AdSenseや、アフィリエイトサービスプロバイダーASPなどの際に、ブログ内にお問い合わせフォームがないと審査が通らないケースが多いので、こちらも必須級のプラグインとなります。

プラグインのインストール方法

プラグインのインストールの方法を解説します。

ワードプレスのダッシュボード画面の左側の「プラグイン」にカーソルを合わせます。

「新規追加」が表示されますので、クリックします。

「プラグインを追加」という画面になります。

右上の「プラグインの検索」窓にプラグイン名をコピペします。

検索窓にプラグイン名をコピペするだけで検索結果が表示されるはずです。

目的のプラグインが見つかれば、「今すぐインストール」をクリックします。

すぐに「有効化」ボタンに変わりますので、「有効化」ボタンをクリックします。

これでプラグインのインストールは完了です。

それでは下記プラグイン名をコピペしてひとつひとつ検索窓に貼り付けてインストールしましょう。

ひとつひとつコピペしてプラグインをインストールしよう↓
  • XML Sitemap Generator for Google
  • EWWW Image Optimizer
  • WP Multibyte Patch
  • BackWPup
  • Contact Form 7

各プラグインの設定がありますので、

Googleで、「プラグイン名 設定」「プラグイン名 初期設定」などでキーワード検索して、それぞれ設定しましょう。

補足

ワードプレスの初期プラグインに、

Akismet Spam Protection

というプラグインが最初から入っていると思います。これを有効化すると、スパムコメントやスパムメールをブロックしてくれるのでとても優秀なプラグインなのですが、

2023年7月現在、無料版の商用利用は禁止となっています。

商用利用とは、アフィリエイトやアドセンスなど広告収益目的はダメということになります。

みなさんが始めたブログは将来資産になるブログとしてこれから育てていくわけですから、このプラグインは使えませんので、プラグイン一覧から削除しておきましょう。

え〜〜!じゃあ、スパムコメントとか

手動で自分で対応しないといけないの?

大丈夫です。

これはプラグインではないのですが、スパムコメントやスパムメール対策として今最も有効なのが、

Google reCAPTCHA (グーグルリキャプチャ)という無料ツールです。

使い方は、「Google reCAPTCHA 導入」と検索かけるとわかりやすいページが見つかりますので、確認しながら必ず導入しておきましょう。

ステップ④:Googleアナリティクスに登録する

プラグインが完了したら、次はGoogleが無料で提供してくれているサービスに登録していきましょう。

その前に、ここでGoogleのサービスに登録する際の注意点をお伝えします。

新しくブログを始めるにあたり、普段使っているアカウントとは別のブログ用のGoogleアカウントを作ったと思います。

そのブログ用のアカウントでログインして、

これからご紹介するGoogleアナリティクスや、Googleサーチコンソールに登録するときに、それぞれのサイトに飛ぶわけですが、

サイトに飛ぶと、デフォルトとして設定している普段使っているGoogleアカウントのほうでログインされた状態になります。

もしそれに気づかずに登録すると、せっかくブログ用に作ったGoogleアカウントと紐付けできないので注意しましょう。

それではGoogleアカウントに注意してまずは、

ブログ運営にかかせないものがGoogleアナリティクスに登録しましょう。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、あなたのブログサイトにどれぐらいのPV(アクセス数)があるか正確に計測してくれる無料ツールです。

ブログ全体のPV数はもちろん、記事ごとのPV数もわかりますので、「どの記事がどれぐらい見られているか?」がわかりますので非常に役立つツールなんです。

こんな役立つツールが無料で使えるなんてGoogle様には感謝しかありません。

登録の仕方は、「Googleアナリティクス 登録」とキーワード検索したら、わかりやすく説明してくれているページがたくさんありますので、調べて登録しましょう。

ステップ⑤:Googleサーチコンソールに登録する

次にGoogleサーチコンソールに登録しましょう。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、ブログで収益化を目指している人にとっては必須級のツールです。

「サーチコンソール」を略して「サチコ」とブロガーさんたちの間ではよく呼ばれたりします。

先ほどのGoogleアナリティクスとは違って、サーチコンソールでわかることは、

  • 自分の記事が、どんなキーワードで検索されているかがわかる
  • 自分の記事が、Google検索で何位に表示されているのかがわかる
  • 検索結果として表示された自分の記事が、どれぐらいクリックされているのかがわかる

こんなことがわかるツールです。もちろんこれも無料で使えます。ありがたいですね。

つまり、ブログ記事を書く際に考える「キーワード選定は間違っていないか?」とか「表示されているのにクリックされないのはなぜか?」など改善するヒントを与えてくれるわけです。

こちらも、「Googleサーチコンソール 登録」で検索したら、わかりやすく説明してくれているページがたくさんありますので、調べてサクッと登録しましょう。

まとめ

以上、WordPressでブログを始めたら、最初にしておくべき5つのことについて解説しました。

WordPressでブログを始めたら最初にするべきこと
  1. Cocoonテーマを有効化
  2. パーマリンク設定
  3. プラグイン設定
  4. Googleアナリティクスに登録
  5. Googleサーチコンソールに登録

ワードプレスの管理画面にはいろんな項目があるので、どこで何を設定するのかわからないことが多いと思います。

ですが、とりあえず今回ご紹介したことを設定しておけば大丈夫です。

次は、Cocoonテーマの初期設定をしていきます。こちらの記事に進んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました