【パターン例付き】クリックされるブログ記事タイトルのつけ方

ブログの知識
※本ページには広告が含まれています。
スポンサーリンク

クリックされやすい記事タイトルのつけ方が知りたいです

そんな記事タイトルのつけ方で悩んでいる人にお答えします。

この記事を読んでわかること
  • 記事タイトルの重要性
  • 記事タイトルのつけ方5つのコツ
  • 効果的な記事タイトルパターン例
スポンサーリンク

記事タイトルはとても重要

記事タイトルってそんなに重要なの?

ユーザーは、検索結果一覧の中から、記事タイトルを見て、興味が引かれたらクリックします。

つまり、クリックして読んでもらうためには、魅力的な記事タイトルをいかにつけれるかが大切となります。

まずユーザーがどんな流れでブログ記事まで辿り着くのか確認しましょう。

下の図の黄色の部分が、記事タイトルの役割となります。

タイトルを見て、自分が求めている情報が書いている記事かどうか判断するわけだね。

はい、そのとおりです。

つまりクリックされるかどうかは、記事タイトルが全てなのです。

クリックされるために、魅力的な記事タイトルにするためには、

  • ユーザーの目に留まる
  • ベネフィットを感じる

この2点の要素が入っていることがとても重要です。

記事タイトルの付け方5つのコツ

記事タイトルの付け方5つのコツ
  • 狙っているキーワードは全て入れる
  • 文字数は32文字以内
  • 競合ページと全く同じタイトルはNG
  • 有益な情報であることを伝える
  • 本文の内容を的確に表現する

検索キーワードを入れる

まず大前提となりますが、タイトルには狙っているキーワードは全て入れましょう。

Googleは記事タイトルと本文からそのページがどんな内容の記事なのかを把握します。

そのためタイトルがうまく表現できていないとGoogleはそのページを正しく認識しにくくなるわけですから、SEOではマイナスとなります。

検索キーワード選びについてはこちらの記事をご覧ください。

文字数は32文字以内

記事タイトルの文字数は、検索画面の横幅の関係上、画面に入りきらない部分は自動的に「…」と省略されてしまいます。

PC(ブラウザ)の場合ですと、28文字まで。

スマートフォンの場合ですと、32文字までです。

また狙っているキーワードは、できるだけ最初の方(20文字まで)に含めた方がユーザーの目に留まりやすいので工夫しましょう。

競合ページと全く同じタイトルはNG

競合ページと全く同じタイトルはNGです。

これは記事本文が全く同じ場合も同様ですが、Googleは重複するサイトを嫌います。

単一のページに複数の URL でアクセスできる場合や、異なるページのコンテンツが類似している場合(たとえば、あるページにモバイル版と PC 版両方のURLがある場合)、Google はそのようなページを同じページの重複版と見なします。Google は、こうした URL のうちの 1 つを「正規」版として選択してクロールします。その他の URL はすべて「重複」した URL と見なし、クロールの頻度を減らします。

検索セントラル – Search Console ヘルプ

同じタイトルにすると上位表示は望めませんのでオリジナルの記事タイトルを付けましょう。

自分で考えたタイトルがたまたま同じになる可能性もゼロではありませんので、考えた記事タイトルは公開する前に、Googleで検索しておくほうが無難です。

有益な情報であることを伝える

ユーザーは、キーワード検索しているわけですから、明確な悩みや疑問を持っています。

その悩みや疑問を解決できると思わせるタイトルを表示させないかぎりクリックはされません。

有益性をどう表現するかについては後述します。

本文と内容が一致している

これは当たり前ですが、記事タイトルとページ内容がマッチしていなければいけません。

タイトルと内容がズレているとGoogleはページ内容を把握できないため、この場合も上位表示は見込めません。

なんとかクリックを集めようと、本文とは異なるタイトルをつけると短期的にはクリック数は増えるかもしれませんが、

本文を読むとタイトルと全然異なる内容だとわかるわけですから、離脱率が増えてしまいます。

Googleは離脱率も評価の対象にしていますので、これまた上位表示は見込めなくなります。

またあまりにもズレている場合、スパムと判断されペナルティを受けることもありますので注意しましょう。

クリックしたくなる記事タイトルパターン例

記事タイトルに効果的なパターンを集めました。

記事タイトルを考えるときに積極的に取り入れていきましょう。

「具体的な数字」を入れる

数字を入れると効果的になります。

なぜなら数字があることによって「具体性」「説得力」を与えることができるからです。

「たった1分で」「1000万人フォロワーの」「おすすめ5選」「3つのポイント」「9割が」

「難しくないこと」を伝える

ほとんどの人は基本的に「楽したい」と考えているので、知りたい方法が「簡単にできる」と書かれていると、ついクリックしたくなります。

「簡単に」「〜するだけでOK」「秒でできる」「即解決」「誰でもできる」

「疑問形」にする

タイトルを疑問系にするのも効果的です。

なぜならユーザーの疑問を代弁していることになりますので、「自分と同じ悩みだ!」と共感されて、クリックされやすいからです。

「なぜか○○しない?」「○○とは?」

「なぜ」「理由」を使う

タイトルに「なぜ」や「理由」が含まれていると、まだ疑問に思っていない人も「理由を知りたい」と思ってクリックされやすくなります。

「○○できない理由」「なぜ○○してしまうのか」

「使い方」「方法」など解決策を伝える

タイトルに「使い方」や「方法」というワードを入れるのも効果的です。

なぜならユーザーは、自分の悩みや疑問を解消するために調べていますので、それらの悩みや疑問を解決してくれる「具体的な方法」を探していますので、タイトルからその解決方法が示されていれば、クリックされやすくなります。

「〜する方法」「〜の使い方」「〜の作り方」「〜に役立つ」「〜のテクニック」

「比較」する

タイトルに比較されやすいキーワードや商品サービス名を入れるのも効果的です。

なぜならどちら側の人も、「本当はどっちが良いのか?」と関心を持っている場合が多いからです。

またメリット・デメリットのように反対の意味の言葉を対比させて説明することで、内容がわかりやすくなるので、ユーザーに好まれクリックされやすくなります。

「徹底比較」「どっち」「メリット・デメリット」「ついに決着」「比べてみた」

「体験談」として強調する

自身が実際にやってみた体験談をタイトルで強調するのも効果的です。

なぜなら同じような悩みを持っている人にとっては参考になる実体験の情報が手に入るわけですから、興味を惹くことになりクリックされやすくなります。

「体験談」「やってみた」「実録」「実践」「実例」

「ターゲット」に呼び掛ける

ターゲットを絞るようなキーワードをタイトルに入れるのも効果的です。

なぜなら、検索一覧画面を上から見ていく時に、「自分のことについて書いている記事だ」と思ってくれるから、ターゲットにクリックされやすくなります。

「初心者必見」「40代から」「草津で」「主婦でも」「〜なあなたへ」「新社会人なら」

「権威性」をアピールする

権威性をタイトルに入れるのも効果的です。

なぜなら人は、自分より地位が高い人、権力のある人、専門性のある人のことを、無意識に信じてしまうからです。

「この人が言っているのならこの情報は間違いない」と判断し、クリックされやすくなります。

「医師」「現役東大生」「税理士」「月100万稼ぐブロガー」「弁護士」「栄養士」

「網羅性」を訴求する

タイトルに網羅性を訴求するのも効果的です。

なぜならユーザーは知りたい情報は、できるだけ1回の検索、1つのWebサイトだけで完結したいと思っているからです。

「このページさえ読めば全て解決できそうだ」と思ってもらえればクリックされやすくなります。

「徹底解説」「まとめ」「これで全て解決」「完全版」「全て公開」「保存版」

「キラーワード」を使う

タイトルにキラーワードを使うのも効果的です。

なぜならキラーワードは、ほとんどの人にとってインパクトのあるワードですので、検索一覧の中でも一瞬立ち留まらせるほどの効果があるからです。

「無料」「驚愕」「悲報」「真実」「限定」「衝撃事実」

【】(隅付き括弧)を使う

タイトルの中でも特に目立たせたいワードを【】で囲むことも効果的です。

なぜならタイトル全体の中でも一際目立たせることができますので、ユーザーに強くアピールすることでクリックされやすくなります。

【必読】【有料級】【完全無料】【必見】【現役医師が断言】【東大生が解説】【漫画でわかる】

「情報の鮮度」をアピールする

情報が最新のものであることをタイトルに入れるのも効果的です。

なぜならユーザーは調べる内容によっては、最新の情報を手に入れたい場合もあるからです。

「古い情報は要らない」と思っているユーザーの目に留まりクリックされやすくなります。

「202○年最新」「最新版」「更新版」「最速レビュー」

まとめ

以上、クリックされる記事タイトルの付け方について解説しました。

記事タイトルの付け方5つのコツ
  • 狙っているキーワードは全て入れる
  • 文字数は32文字以内
  • 競合ページと全く同じタイトルはNG
  • 有益な情報であることを伝える
  • 本文の内容を的確に表現する
クリックされる記事タイトルパターン例
  • 「具体的な数字」を入れる
  • 「難しくないこと」を伝える
  • 「疑問形」にする
  • 「なぜ」「理由」を使う
  • 「使い方」「方法」など解決策を伝える
  • 「比較」する
  • 「体験談」として強調する
  • 「ターゲット」に呼び掛ける
  • 「権威性」をアピールする
  • 「網羅性」を訴求する
  • 「キラーワード」を使う
  • 【】(隅付き括弧)を使う
  • 「情報の鮮度」をアピールする

これらの観点を意識しながら、クリックされる記事タイトルをつけていきましょう。

ただし、記事タイトルは試行錯誤が必要であることも覚えておきましょう。

一度これだと思ってタイトルをつけても、思っていたよりクリック率が低いことも全然あります。

逆に思っていたよりクリック率が良いタイトルも出てきます。

そういった時はクリック率の良いタイトルを参考にして、クリック率の低いタイトルを見直して改善していくことが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました