【メタディスクリプションの設定は必要?】書き方と注意すべきこと

ブログの知識
※本ページには広告が含まれています。
スポンサーリンク

メタディスクリプションって聞いたことあるけど、

なんのこと?SEOに関係あるの?

そんな疑問にお答えします。

この記事を読んでわかること
  • メタディスクリプションの仕組みがわかる
  • メタディスクリプションの書き方がわかる
  • メタディスクリプションの注意点がわかる

この記事ではブログを始めたばかりの方でもわかりやすいように、メタディスクリプションについて詳しく解決していきます。

スポンサーリンク

メタディスクリプションとは

メタディスクリプションとは、Webページの内容を簡単に説明した文章、つまり要約のことです。

HTML形式のmetaタグなので、Webページ内のどこにも表示されないわけですが、ユーザーや検索エンジンに対して「このページはこういう内容ですよ」と伝える役割があります。

meta?HTML?なんかよくわからないです、、、

もっとわかりやすく説明します。

検索エンジンで検索すると、検索結果としてタイトルがずらっと表示されますよね。

そのタイトルのすぐ下に文章が表示されているかと思います。

上の画像の赤枠が、「スニペット」と呼ばれる部分です。

メタディスクリプションを設定すると、このスニペット部分にメタディスクリプションとして設定した文章が表示されやすくなります。

「表示されやすくなる」ってどういうこと?

必ず表示されるわけではないということです。その理由については、このあと後述します。

SEOに関係ある?

メタディスクリプションはだいたいわかったけど、

SEOには関係あるの?

メタディスクリプションは、SEOに関係あります。

理由としては2点あります。

ユーザーのクリック率に影響

【パターン例付き】クリックされるブログ記事タイトルのつけ方」の記事で、

記事タイトルがいかにSEOにとって重要なのかを解説しましたが、メタディスクリプションもタイトルと同じぐらい重要な役割があります。

何らかの悩み・疑問を持って検索したユーザーは、検索結果で表示された中から、タイトルとメタディスクリプションを見て

「このページにはどんな内容が書いているのか?」

「自分が求めている情報は載っているか?」

を判断してクリックするわけです。

ページの内容を的確かつ魅力的に説明しているメタディスクリプションが表示されていれば、ユーザーの興味を引くことができ、クリック率が上がります。

クリック率が上がると検索エンジンは、

「このページはユーザーの悩みにちゃんと応えている内容が書かれているページだ」と判断しますので、結果的に検索順位の上昇が期待できるためSEOに関係あるということです。

検索エンジンに正確に内容を伝える

一方、メタディスクリプションを設定することで、検索エンジンにも「このWebページはこんな内容の記事ですよ〜」と正確に伝えることができます。

検索エンジンは、「どんなキーワードで検索された時に、どのページを表示させようか?」と日常的に判断しています。

例えば、文字数の関係で記事タイトルにどうしても入れれなかった狙ったキーワードがあれば、それをメタディスクリプションに含めて、ページの内容を適切に説明して設定しておけば、

検索エンジンは、「このページはこのキーワードで検索された時に表示させよう」と判断してくれることになり、その結果そのページを上位表示してくれる可能性が高まるわけです。

メタディスクリプションの書き方3つのコツ

メタディスクリプションはSEOに関係があるため設定しておいたほうがいいことがわかりましたので、ここからはメタディスクリプションの書き方のコツについて解説します。

狙いたいキーワードを入れる

記事を書くときに選定した狙いたいキーワードは、メタディスクリプションに必ず入れるようにしましょう。

先ほどもお見せしたこちらの検索結果画面を見て下さい。

「天パ」と「効果」が太字になってる!

はい、そうなんです。

検索結果に表示されるスニペットのうち、ユーザーが検索したキーワードが太字になって表示されるんです。

この時に検索したキーワードは、「湯シャン 天パ 効果」でした。

そのため「天パ」と「効果」の文字だけ太文字で表示されているわけです。

太字は目立ちやすいので、ユーザーは「この記事には自分の知りたかった情報が載っているぞ」と思ってくれますので、クリックされやすくなるということです。

検索上位を狙いたいキーワードがある場合は、積極的にディスクリプション内に入れるようにしましょう。

記事を読んで得られるベネフィットを書く

何か疑問や悩みを持って検索するユーザーは、とにかく早く解決したいと思っています。

そのためユーザーは、

「この検索結果の中で、どのページが一番自分の疑問や悩みに対して解決してくれる情報が書いているんだろう?」

と考えているわけです。

ですのでディスクリプションには、しっかりとユーザー視点に立って、

「この記事を読むことで、こんな疑問や悩みが解決しますよ」という内容を入れることが大切です。

競合記事とは異なるオリジナル性をアピールする

競合記事と同じようなメタディスクリプションにするのはやめておきましょう。

なぜなら、ユーザーに「さっき読んだ記事と同じような記事っぽいな」という印象を与えてしまいますので、クリックされにくくなる可能性があるからです。

クリックされるためには、競合記事にはないあなたの記事ならではのオリジナル性のあるワードをメタディスクリプションでアピールしましょう。

そのためには、まずは競合記事のメタディスクリプションはどんなことを書いているのか調べてから、メタディスクリプションを考えるようにしたほうがいいですね。

メタディスクリプションの注意点

メタディスクリプションはよく考えて設定したほうがいいってことだね。

注意することってあるのかな?

メタディスクリプションを設定する時に、注意することが4つあります。

文字数に注意

記事タイトルが32文字以内が推奨されているのと同じように、

メタディスクリプションにも推奨される文字数があります。

もちろんタイトルと同様に、メタディスクリプションもPC(ブラウザ)とスマートフォンで検索結果で表示される文字数は異なります。

メタディスクリプションが表示される文字数
  • PC(ブラウザ):120文字前後
  • スマートフォン:70〜80文字

文字数にかなりの差があるんだね、、、

けっこうな差がありますね。

つまりPCの表示に合わせてメタディスクリプションを120文字ぐらいで設定すると、スマートフォンで見た時には80字目以降は省略されて表示されることになります。

ですので、メタディスクリプションを設定するときは、

  • 狙いたいキーワード
  • 読者にとってのベネフィット
  • オリジナル性のアピールポイント

前半部分に入れるように考えることが大切です。

もしあなたのブログを読むユーザーが、スマートフォンからの流入が多い場合には、メタディスクリプションは70〜80文字の短い文章で設定しておいたほうがいいでしょう。

自分のブログを見てくれるユーザーが、

PCから多いのか、スマホから多いのかよくわかりません、、、

大丈夫です。簡単に調べることができます。

Googleアナリティクスを使えば、あなたのブログを見にくるユーザーがどんなデバイスを使って閲覧しているのかすぐにわかります。

Googleアナリティクスにアクセスして、「レポート」>「概要」をクリック

すると、「MOBILE」「DESKTOP」「TABLET」の割合がわかる円グラフが表示されます。

筆者のWebページの場合、スマートフォンで閲覧している人が6割いることがわかりますので、メタディスクリプションは70〜80文字に設定したほうがいいと判断できます。

Googleアナリティクスの登録がまだの方はこちらの記事をご覧ください。

一度やってみるとわかると思いますが、記事の内容を70〜80文字でまとめるのは結構大変な作業です。

うまく字数以内にまとめられない時は、chatGPTを活用しましょう。

例えば、こんなプロンプトで質問すればうまくまとめてくれると思います。

あなたはSEOの専門家です。「キーワード」「キーワード」「キーワード」で検索するユーザーがクリックしたくなるようなメタディスクリプションを考えて。ただし、「自分が考えた120文字程度のメタディスクリプション」の内容をできるかぎり含めて70文字以上80文字以内にまとめること。

メタディスクリプションを設定し忘れた

実は、メタディスクリプションは設定しなくても、スニペットには記事内容がわかる文章が自動で反映されるようになっています。

これは検索エンジンが、自動的に本文の内容を判断し要約してスニペットに表示してくれるからです。

それじゃあ、わざわざメタディスクリプションは考えなくてもいいんじゃないの?

たしかにそうですが、あくまで自動であるため、意図しない文章が表示されてしまったり、冒頭の文章だけ表示されてしまう可能性がありますので、メタディスクリプションは自分で設定しておくことが望ましいです。

設定したメタディスクリプションが反映されない場合

せっかくメタディスクリプションを考えて設定したのに、スニペットに反映されません、、、

冒頭でありましたように、メタディスクリプションは設定したからといって、必ずスニペットに表示されるとは限りません。

どうして?

反映されない時の原因は、

検索エンジンが、「あなたが設定したメタディスクリプションの内容」と「検索エンジンが自動で本文から抽出した要約文」を比べた時に、

「自動で本文から抽出した要約文」のほうが検索キーワードに対して適切な説明だと判断されてしまっていることが原因です。

せっかく考えて設定したのに、ショック、、、

実際に筆者が3日前に公開した記事ですが、

しっかりメタディスクリプションを設定したのに、最後のまとめで書いている文章がスニペットに表示されちゃっています、、、。

あちゃ〜〜〜

解決方法は、「自動抽出された要約分」よりも適切だと思われるメタディスクリプションに書き直すしかありません。

ただし、メタディスクリプションは修正したからといって、スニペットはすぐには反映されません。Webページを巡回する「クローラー」というロボットのクロールを待つか、

早く反映させたい場合は、Googleサーチコンソールで、こちらからインデックス申請する方法があります。

Googleサーチコンソールを使ってインデックス申請する方法はこちらの記事をご覧ください。

キーワードの羅列はNG

いくら狙いたいキーワードがたくさんあるからといって、

いくつものキーワードを無理矢理詰め込んでしまうと、メタディスクリプションがわかりにくい文章になりがちですので、記事内容を正確に伝えることができなくなります。

また記事には全く出てこないのに、よく検索されるキーワードだからといって、メタディスクリプションに入れると、

そのキーワードの情報が知りたかったユーザーが訪れた時、記事内にそれについての情報がないわけですから、ユーザーは離脱し、あなたのブログに対する信頼度は落ちていく一方になりますので、

本文に関係のないキーワードを入れるのは絶対にやめておきましょう。

まとめ

以上、メタディスクリプションについて解説しました。

  • メタディスクリプションはSEOに関係あるので設定しよう
  • キーワード、ベネフィット、オリジナル性を入れよう
  • 文字数に注意しよう
  • 反映されないこともある
  • キーワードの羅列はNG

限られた文字数に、キーワードを入れたり、前半部分で惹きつける文章を書かなくてはいけないなど、メタディスクリプションを考えるのはちょっと大変かもしれませんが、

少しでも上位表示を目指したり、クリック率を向上させたければ、メタディスクリプションは自分で正しく設定しておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました